マッチングサイトのおすすめで出会えるサイト

マッチングサイトのおすすめで出会えるサイト

HOME » 出会えるサイト » マッチングサイトのおすすめで出会えるサイト

・ペアーズ

▼ 目次

おすすめで出会えるサイト ペアーズ

マッチングサイトをもし始めるのなら、取り敢えず「ペアーズ」は登録しておきましょう。
大きい看板が繁華街のど真ん中にでているので、おそらく名前だけなら聞いたことがある方も多いかと思います。
繁華街に大きい看板を出せるということは、数あるマッチングサイトの中でも大手に位置すると、安易に想像がつくはずです。
実際に会員数は国内最大と言っても過言ではなく、老舗中の老舗と呼ばれるサイトとして知る人ぞ知る存在です。

「ペアーズ」には、マッチングサイトで基本となる機能が一通り揃っています。
「いいね」やメッセージの交換も可能です。
「ペアーズ」を使いこなすことができれば、他のマッチングサイトも難なく使えるようになるでしょう。
また「ペアーズ」はコミュニティが充実しており、同じ趣味を持つ仲間を探すのにも便利です。
また「一緒に飲みに行きたい」というコミュニティも充実しており、出会いやすい環境が整っているのも大きなメリットです。

おすすめで出会えるサイト with

「with」もおすすめのマッチングサイトです。
マッチングサイトでお互いに「いいね」を送っても、相性が良いかどうかは実際にやりとりしてみない限りはわかりません。
サイトでも実生活でも、1人〜2人は相性が合わない人はどうしても出てくるものです。
もし相性が悪い人がいれば、お互いに良い気分はしません。
でも「with」であれば、相性が悪い人とマッチングが成立する確率は他のサイトと比べると低くなっています。
理由は心理テストや相性診断テストが充実しているからです。

心理テストや相性診断テストが信用できるかどうかについては、各々意見はあるでしょう。
でも少なくとも「with」に限って言えば、科学的な根拠に基づいての診断となります。
だから精度の高さはかなりのもので、相性が良い人は探しやすくなっています。
また「with」は、どちらかと言えば女性会員の方が多いのが特徴です。
素敵な女性と知り合いたいというのなら、「with」はおすすめです。

マッチングサイトを使うと本当に出会えるの?

「マッチングサイトを使えば本当に会えるのか?」と、疑問を持っている方は多いでしょう。
どのマッチングサイトやアプリを覗いても「必ず出会える」としか書かれていないので、逆に怪しく感じます。
ネットを検索してみても「数十人と出会えた」と報告しているサイトもありますが、きな臭さは拭いきれません。
でもマッチングサイトを使うと、会える人は会えるようです。
SNSを見てみると「マッチングサイトを使って、何人かと会ってきた」という報告は結構よく見ます。
ネットの掲示板を見ても、「マッチングサイトで会ってきた人」について報告している人もいます。
また、「現在付き合っている恋人とはマッチングサイトで知り合った」という方もいらっしゃいました。
だから「マッチングサイトで本当に出会えるかどうか」の答えに、「出会える」と答えることはできます。

ただし「出会えた」という人の9割近い人は、「1回のみの出会い」でした。
1回出会ったきり会えず、連絡も途絶えているようです。
「やっぱり出会えない」という声も聞こえてきそうですが、相手を見つけ出すには1回だけでも会ってみなければ話は進みません。

1回きりの出会いを回避するために

出会いがあっても「1回」きりになってしまう理由は、焦りによるものが大きいでしょう。
どういう形で知り合ったとしても、相手の素性をしらないままの付き合いは、長続きしません。
後になって嫌な部分が分かってしまうと、百年の恋も冷めるというものです。
しかし相手について知りたいがあまり、刑事のように根掘り葉掘り聞き出すのもおすすめできません。
付き合う前にじっくりと相手と向き合えば、1回きりの関係を回避することができるはずです。

「今すぐにでも出会いが欲しい」という気持ちは、当然のことです。
適齢期ともなると周りからも急かされて、焦ってしまうこともあるでしょう。
でも焦りは絶対に禁物です。
殊に男女関係の焦りに関しては、良い結果は得られません。
焦ってしまうと相手側から不審がられてしまい、出会うことすらも難しくなる恐れがあります。

マッチングサイトは本当に安全なのか?

ただ中には、マッチングサイトについて警戒を示している方もいらっしゃるでしょう。
実際にマッチングサイトがきっかけとなった事件も起きており、安全面が危惧されていることは事実です。
ネットを見てみると「100%安全なマッチングサイトを使いましょう」と書かれていますが、正直な所「100%安全」というサイトは存在していません。
世界的な知名度を誇るSNSですら、使い方を間違えてしまうと事件に巻き込まれるリスクがあるほどです。

もしマッチングサイトを使って相手を探す場合は、個人情報を無闇に掲載しないことです。
「○○県に住んでいる」と大雑把な住所地ならば良いのですが、「○○県△△市に住んでいる」と具体的な地名を記すのは、おすすめできません。
当然ながら電話番号や通話アプリのIDを教えるのも、厳禁です。
マッチングサイトで相手を探すには、使い方には十分に気をつけて下さい。